threadスレッド施術について

スレッド手術(糸施術)をご検討の患者様へ

スレッド施術(糸施術)とは?

532nmと1064nmのフラクショナルハンドピース

別名「スレッドリフト(糸リフト)」とも呼ばれ、現在、外科手術等において吸収縫合糸の原料としても使用されている特殊加工した糸をお顔に挿入し引き上げることで、皺やたるみの改善を目的とした治療です。
また、糸の表面に「コグ(※図)」と呼ばれるギザギザを意図的に施しており、糸挿入後にこれらが皮下組織にしっかりと引っかかることで、お顔の皺やたるみが引き上がります。
一度の施術で、左右で6~10本程度を挿入するのが一般的です。

<挿入する糸について>

挿入後、~12ヵ月程度をかけて体内に全て吸収される非常に安全な成分で出来ています。
また、吸収の過程において、糸周辺の皮下組織が刺激され、コラーゲンとエラスチンが産生され、血流がよくなることによって、吸収後もお肌のハリや弾力アップの持続効果が期待できます。
挿入本数と挿入箇所は、当日に患者様の現在のお顔の皺やたるみ改善に最も適していると考えられるデザインに基づき決定されます。

スレッド施術(糸施術)を受けるメリット

ダウンタイムと痛みが少なく、一度の治療で一定効果が得られます

従来のフェイスリフト施術(切開術)とは違い、極細のスレッドを用いて皺やたるみを引き上げるため、ダウンタイムや痛みが極めて少なく安心して施術して頂けます。
また、HIFU等の集束超音波治療の機械と比べても、1度の治療で一定の効果が得られます。

スレッド施術(糸施術)の効果

およそ6~18ヵ月程度、自然な引き上がりの効果が持続

フェイスリフトの手術と比べると、劇的な効果(引き上がり)は望めませんが、上述の通り非常に安全であり、かつ自然な仕上がりが期待でき、効果消失後も繰り返し施術を行うことができます。
また引き上がり効果は挿入直後が一番顕著に現れますが、これは無表情な状態でコグが組織に引っ掛かっているからであり、普段の生活において開閉口(口の開け閉め)や笑ったりすること(約2週間~1ヵ月程度)で患者様それぞれのお顔の動きにフィットした、自然な引き上がりに落ち着きます(※)。
この自然な引き上がりはおよそ6ヵ月~18ヵ月程度持続します(効果の持続期間には個人差があります)。

※この過程の上で、患者様それぞれの表情に反して引っ掛かっている余分なコグが外れる際に、皮下でプチプチと音がする場合がございますが、自然な現象ですのでご心配される必要はございません。

スレッド施術(糸施術)を受けることが出来ない人

下記に該当される方は、スレッド施術(糸施術)を受けることが出来ません

  • 既知のアレルギーまたはプラスチック生体素材やフィラーに対する異物感受性がある場合
  • 麻酔アレルギーがある場合
  • 急性および慢性皮膚疾患、自己免疫疾患、敗血症または感染症にかかっている場合
  • 自律神経等が不安定な場合、または医療機関によっていその診断を受けている場合
  • 妊娠している場合、および授乳中の場合
  • 18歳未満の場合
  • 施術当日に体調が優れない場合

尚、上記項目にご自身が当てはまるかどうかが不安な場合は、担当の医師にご確認ください。
また、これまでに他院で何らかの施術を受けたことがある場合は、担当の医師に必ずお申し伝えください。

スレッド施術(糸施術)によって引き起こされる可能性のある副作用

当院では最新の注意を払い施術しており副作用は稀ですが、スレッド施術(糸施術)を受けることで、下記の症状が現れる場合があります

  • 不快感
  • 内出血
  • 腫れ
  • 感染症
  • 出血
  • 皮下組織の損傷
  • 施術部の左右非対称
  • アレルギー反応
  • 局所麻酔に関するリスク
  • 部分的なたるみの戻り
  • 一時的な凹凸の形成
  • 一時的な痛み・ひりつき
  • 赤み
  • 追加処理や除去が必要になる縫合糸の一部または全部の露出 等

2週間程で改善されることが多いですが、それでも気になる場合はヒアルロン酸を注入し形状を整える場合もあります。

その他、ご不明な点がございました場合は、当院スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

料金について